ダー&メイの逆流性食道炎に負けないぞ!Duffy and Shellie May's Blog

ためになる逆流性食道炎克服のヒントが満載の親切なブログです。

【逆流性食道炎闘病記】【風邪薬にも注意が必要】 風邪をひいちゃった〜ネキシウムカプセルの投薬治療137日目!~

28日の金曜日の夜、頭痛、喉の痛み、咳が出てきて、体が火照っている感じなので、体温をはかってみると、37.7度まであがっていました。

しかし、逆流性食道炎にかかっていると、やたらに市販の風邪薬を飲むのをためらってしまいます。

市販の風邪薬には、解熱剤が入っているため、胃を荒らすからです。

あの胃のむかつきが再び来るのは嫌だったので、その夜は薬を飲まないで、氷枕で頭を冷やして寝ました。


翌日も熱は下がらなかったのですが、体は元気です。

しかし土曜日は熱が下がっても37度までで、夜になると再び37.7度にもどってしまいました。

しかも痰の色ですが、茶色が混ざっています。

こうなると、抗生剤を飲まなければ治らないと自覚しました。

その夜も氷枕で頭を冷やして寝ました。


さすがに日曜日の朝、熱をはかっても、まだ37.7度のままで、症状も変わらないので、日曜日に診療している病院に行って、抗生剤をもらってきました。

処方された抗生剤は、幸いにも胃のむかつきを引き起こしませんでした。

いっしょに鎮痛解熱剤も処方されましたが、こちらは胃が荒れるのが分かっているので、飲みませんでした。


さすが抗生剤の効き目はすごいです。

症状が軽くなりました。


最近、仕事が忙しすぎて、体に疲れがたまって抵抗力が下がっている状態なのに、周りに風邪をひきだした人がいたので、風邪をうつされたようです。

今回の土日は、ほとんど寝ている状態でした。