舞浜アンフィシアターに行ったら劇団四季の美女と野獣の巨大広告ができていた!昔はシルク・ドゥ・ソレイユシアター、現在のアンフィシアター建設当時の写真です。

東京ディズニーリゾートイクスピアリ近くに、舞浜アンフィシアターという大きな建物があるのですが、その壁面に劇団四季美女と野獣の巨大な広告ができていました。

 

10月23日から、美女と野獣が開幕です。

 

現在、舞浜アンフィシアターは、多目的ホールとしてコンサートなどに利用されていますが、昔はシルク・ドゥ・ソレイのために作られた施設で、その名もシルク・ドゥ・ソレイユシアターと呼んでいました。

 

シルク・ドゥ・ソレイユとは、 ウィキペディアによると、カナダのケベック州に拠点を置くエンターテイメント集団、およびそれを管理・運営する企業。1984年に火喰い芸の大道芸人だったギー・ラリベルテが、同国同州にて設立した。名称を日本語直訳すると「太陽のサーカス」。

 

撮りためていた写真を掘り返したら、今では貴重なアンフィシアター建設当初からの写真が見つかりました。

興味がない方にはごめんなさい。

 

2006年12月撮影

建物の真ん中がまだ空洞です。

 

 

 

2007年5月撮影

 

 

 

2007年6月撮影。

屋根ができあがってきました。

 

 

 

2008年4月撮影

ほとんど完成のようです。

右側の大きなガラスに、シルク・ドゥ・ソレイユのマークがあります。

 

 

 

正面入口へ向かう上り坂も完成間近。

 

 

 

現在は表示が撤去されていますが、右側はタクシー乗り場だった。

 

 

 

2008年8月撮影

夜はこんなにきれいにライトアップされるのですね。

 

 

 

2008年8月撮影

 

 

 

看板もできてきます。

 

 

 

人がかなり入っています。

 

 

 

中の売店の様子。

 

 

 

中で売っているドリンクの値段などがわかります。

この当時としては高い?

 

 

2008年9月撮影

まだプレビュー公演。

 

 

 

シルク・ドゥ・ソレイユシアターの道路標示があります。

 

 

 

そして、道路側の壁面には、シルク・ドゥ・ソレイユの表示。

 

 

 

 

スターバックスで焼き芋ブリュレフラペチーノを注文して、1年前の焼き芋フラペチーノと比較してみました。

焼き芋ブリュレフラペチーノ

9月21日から登場した、焼き芋ブリュレフラペチーノを食べてきました。

中は焼き芋の甘い味がして、よく再現されていました。

生クリームの上にはカリカリとした食感の細かい粒がのっていて、何かと思って調べたら、砂糖を焦がしたブリュレというのが振りかけられています。

そう言えば、ちょうど1年前も焼き芋フラペチーノを食べたっけ。

昨年の記事を読み返すと、生クリームの上には芋のフレークが振りかけられていて、よりいっそうお芋を食べている感じがしていたのですが。

今年はシュガーの焦がしたものがかかっています。

昨年のお芋のフレークの方が美味しかったかな。

1年前の記事のリンクを貼っておきますので、良かった見てください。



dah-and-may.hatenablog.com



 
 

新潟で買った綿雪タルトとぬれ餅をコーヒータイムに食べました!

新潟県湯沢町へ旅行に行って、コーヒータイムのお菓子を買ってきました。

コーヒーは、値段の高いスタバのではなく、スタバよりも半額のカルディで買ったものです。


綿雪タルト

綿雪タルトというクリームチーズケーキです。

箱に個別包装で入っています。




綿雪タルトの中身

程良い甘味で、味もしつこくなく、軽めのコーヒーにちょうど合いました。





新潟のぬれ煎餅

次は、新潟産の餅米で作ったぬれ餅という、ぬれせんべいみたいなものです。

これも個別包装で、一口サイズです。




ぬれ煎餅中身

しっとりと水分を含んでいます。

甘いお菓子の後に、甘塩っぱい煎餅で、ちょうど良い口直しになりました。