舞浜アンフィシアターに行ったら劇団四季の美女と野獣の巨大広告ができていた!昔はシルク・ドゥ・ソレイユシアター、現在のアンフィシアター建設当時の写真です。

東京ディズニーリゾートイクスピアリ近くに、舞浜アンフィシアターという大きな建物があるのですが、その壁面に劇団四季美女と野獣の巨大な広告ができていました。

 

10月23日から、美女と野獣が開幕です。

 

現在、舞浜アンフィシアターは、多目的ホールとしてコンサートなどに利用されていますが、昔はシルク・ドゥ・ソレイのために作られた施設で、その名もシルク・ドゥ・ソレイユシアターと呼んでいました。

 

シルク・ドゥ・ソレイユとは、 ウィキペディアによると、カナダのケベック州に拠点を置くエンターテイメント集団、およびそれを管理・運営する企業。1984年に火喰い芸の大道芸人だったギー・ラリベルテが、同国同州にて設立した。名称を日本語直訳すると「太陽のサーカス」。

 

撮りためていた写真を掘り返したら、今では貴重なアンフィシアター建設当初からの写真が見つかりました。

興味がない方にはごめんなさい。

 

2006年12月撮影

建物の真ん中がまだ空洞です。

 

 

 

2007年5月撮影

 

 

 

2007年6月撮影。

屋根ができあがってきました。

 

 

 

2008年4月撮影

ほとんど完成のようです。

右側の大きなガラスに、シルク・ドゥ・ソレイユのマークがあります。

 

 

 

正面入口へ向かう上り坂も完成間近。

 

 

 

現在は表示が撤去されていますが、右側はタクシー乗り場だった。

 

 

 

2008年8月撮影

夜はこんなにきれいにライトアップされるのですね。

 

 

 

2008年8月撮影

 

 

 

看板もできてきます。

 

 

 

人がかなり入っています。

 

 

 

中の売店の様子。

 

 

 

中で売っているドリンクの値段などがわかります。

この当時としては高い?

 

 

2008年9月撮影

まだプレビュー公演。

 

 

 

シルク・ドゥ・ソレイユシアターの道路標示があります。

 

 

 

そして、道路側の壁面には、シルク・ドゥ・ソレイユの表示。