ダー&メイの逆流性食道炎に負けないぞ!Duffy and Shellie May's Blog

ためになる逆流性食道炎克服のヒントが満載の親切なブログです。

【逆流性食道炎闘病記】【胃内視鏡検査】 1年経過するので胃内視鏡検査を受けましたが、検査前日の食事に気を遣います〜ネキシウムカプセルの投薬治療264日目!~

胃の不調が続いて内視鏡検査を受けてから1年近く経つので、今回2回目の胃の内視鏡検査を受けてきました。

dah-and-may.hatenablog.com


いつも通っているT病院では、検査の前日は、野菜やワカメなどの繊維質のものを食べないようにと言われたので、夕飯は白いご飯と、野菜を抜いた肉団子の鍋にしました。

もちろん昼のお弁当は、野菜を抜いた代わりに野菜ジュースにしました。


確かR病院のときは、そこまでの注意はなかったのですが、正確な検査のためには、胃に残りやすい物は食べない方が良いのでしょうね。


検査のときには胃の中が空になっていないといけないので、消化の良い物にしました。


夕食後は、検査が終わるまで絶食ですが、水やお茶は飲めます。

当日の朝はもちろん食べてはいけませんし、コーヒーや牛乳も駄目です。


検査の前日の朝昼はたっぷり食べたし、夕飯も消化の良い物でしたが、お腹がすいてたまらないというようなことはありませんでした。


検査の当日病院では、まず胃を洗浄する水を飲みます。

それからゼリー状の麻酔を喉にしばらく含んで、飲み込みました。

このゼリーを2回しました。この2回が後の検査でかなり違ってくるのです。


いよいよ胃腸の動きを低下させる注射を腕に打つと、検査台まで歩いて左側を下にして横に寝ます。

さらに麻酔の液体を、喉にスプレーでかけられると、口にくわえたマウスピースの穴から管を挿入されました。


今回は軽くオエーとなった程度で、R病院のときほど辛くなく楽でした。

ゼリー状の麻酔を2回したのが大きかったと思います。

しかし、管を入れられるときは、かなり緊張しました。


検査は正味15分くらいで終わり、次回に検査結果を聞きに行きます。

前回の検査のときは胃のポリープを切除したのですが、今回はポリープができていなかったので一安心です。


検査終了後、1時間は麻酔が効いているため飲食禁止なので、切れてから食事をして、ネキシウムカプセルを飲みました。