ダー&メイの逆流性食道炎に負けないよ!Duffy and Shellie May's Blog

ためになる逆流性食道炎克服のヒントが満載の親切なブログです。

【逆流性食道炎闘病記】【大腸内視鏡検査の当日】 大腸内視鏡検査の朝がやってきました。当日は検査を受けるまでが大変!下剤でトイレに何回も行きました! ~大腸内視鏡検査当日の準備~

心配していたとおり早朝4時くらいに目が覚めてしまい、トイレに行きました。

また寝て7時に起きたら、便通がありました。


検査当日は、食事はとれませんが、水かお茶、スポーツドリンクなら大丈夫です。

牛乳は飲めません。


病院に9時に入り、2時間かけて2リットルの下剤を飲みます。

30分で500mlのペースです。

下剤は甘い味が付いているので、飲むのは辛くありませんでした。

下剤の他に水を飲んだり、本や雑誌を読んで、便通がくるのを待ちます。


1時間経ったところで1回便通があり、その後も30分500mlのペースで飲み続けていると、

かなり頻繁にトイレに行くようになりました。

トイレの扉から出た後、またすぐにもよおして扉を閉めたこともありました。


この下剤は吸収されないので、お尻から液体がそのまま勢いよく出てきます。

腸内を洗浄するためなので、最初は茶色の液体が、だんだんきれいな黄色の液体だけになれば成功です。

ただ頻繁にトイレに行くので、最後の方になると肛門がヒリヒリしてきました。


2時間経ったところで黄色の液体だけになり、前処置は完了となりました。

完了しても、まだ腸内には飲んだ下剤が残っているので、その後も15分おきにトイレに行っていたと思います。


時間がきたら、検査着に着替えます。

検査着の中は、お尻に切れ目のある紙パンツだけしかはいていません。


腸の動きを鈍くする筋肉注射をされて、左側を下にして膝を曲げて検査台に寝ます。

内視鏡をお尻の穴から挿入されてしばらくすると、途中で体の向きを変えて、さらに奥まで入っていきます。


大腸の中というか、お腹の中を内視鏡が通っていくのが、ところどころわかるのです。

通るとき変な感じはしましたが、幸い大きな痛みもなく、モニターで自分の大腸内を見る余裕もありました。

空気を入れて大腸を膨らましますが、お腹も少し張っただけでした。


検査結果は幸いにも問題はなかったので、病院を出てから遅い昼食を食べました。

この日は腸内が洗浄されて、きれいになった気分でした。


dah-and-may.hatenablog.com